読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

視霊者の夢

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は、映画を観る度に原作が読みたくなって、毎度原作の密度と面白さに圧倒される、ということを繰り返している気がする。原作数ページでTVアニメのシリーズ1クール、映画なら1本作れてしまうのだから恐れ入る。過剰なま…

ナイスガイズ!/腕組みする天使

You're the world's worst detective. www.youtube.com シェーン・ブラック(とジョエル・シルバー)がまた『キスキス,バンバン』みたいな映画また作ってる!と思って観に行ったけど、半分その通りで、もう半分は役者同士のケミストリーと素晴らしい新人俳優…

ヒロイック・ピル

「ドニー・ダーコ。ヒーローみたいな名前ね」 そう言われたからこそ、ドニー・ダーコは彼の運命を受け入れたのだ。孤独でヒネクレていても、ただの高校生でしかなかった彼を最後に動かしたのは、奇妙なウサギ=フランクの予言や脅迫ではなく、紛れもなくグレ…

ザ・コンサルタント/放任会計士

I spent my whole life only recognizing my lucky breaks after they were gone.※ネタバレあり ついにベン・アフレックが皆殺しおじさんの仲間入り。リーアム・ニーソン、デンゼル・ワシントン、トム・クルーズ、キアヌ・リーブスらが続々と参入?を果たし…

機械仕掛けのアレンジ

子供番組で製作者の大人が好き放題やっている、ということはテレビの草創期からあったようだけど、その中でも特撮番組におけるやりたい放題加減は群を抜いているように思うのだ。子供番組だから角を全て落としてヤスリをかけて痛くも痒くも引っかかりもない…

怒りのグルーヴ

There ain't no sin and there ain't no virtue. There's just stuff people do. -John Steinbeck, The Grapes of Wrath 写真に撮られると魂を銀盤に封じ込められてしまうと明治時代の人々は信じたというが、果たしてそれがどれくらい広く信じられていたのか…

生きるための悪ふざけ

冲方丁のシュピーゲルシリーズについて。オイレンシュピーゲルから。 概要 舞台は最早過去になってしまった西暦2016年オーストリアの国連管理都市:ミリオポリス*1。極端な少子高齢化の果てに、児童に労働の“権利”が認められた世界。先天的/後天的に障害を…

視差なき偶像

※3年くらい前に書いたものの転載。 先日『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』(以下:劇マス)を観たのだが、それ以来何かモヤモヤして、輝きの向こうへ行ける気配が全くないので、モヤモヤをそのまま記述しておこうと思う。 ※以下、色々な作品のネ…

ビデオ戦争VHS戦線

VHSという媒体には言い知れないフェティッシュを感じる。 今から集めよう、コレクションしようというほどの根性はないけれど、VHSについてのドキュメンタリー映画が公開されれば劇場に足を運ぶくらいには興味があるし、なにより幼い頃はVHS(とベータの残骸…